主婦・OL女性の副業情報ガイド

主婦・OL女性におすすめの副業を紹介

女性が副業で成功するコツ

主婦・OL女性が副業をする上で最低限押さえておいて欲しい成功するコツを分かりやすく紹介します。

女性もできる副業の種類を知ろう

58fRsjPS
結婚後は家事や子育てに追われる主婦も、自宅にスマホやパソコンがあることで、在宅で副業するケースも増えてきました。自分の好きなことや元々得意だったことをメインに、収入を少しでも得ようとしている人も多いでしょう。

主婦もバイト感覚で副業が出来る、在宅のお仕事

「家事や育児の合間に少しでも稼ぎたい」または「いつか独立起業するための準備として始めたい」など、副業を始めたいと思う理由は人によってさまざまです。
実際、共働きの家庭が一般的になってきている中、少しでも生活費を稼ごうとバイトをはじめる主婦も増えてきています。

けれども、外でのバイトは基本的に時間で拘束されるため、家事や子育てと両立したい女性には、あまり優しくないのも事実です。
だからこそ、パソコンやスマホで簡単にスタートできる在宅ワークは、普段自宅で過ごす時間が長い女性にとって魅力的なお仕事と言えるのです。

副業を選ぶときは、自分の目的と条件をチェックしましょう

お小遣い稼ぎや、ちょっとした収入源にもなる副業ですが、昔に比べて数や種類も豊富になってきています。ネットで「副業」を検索してみても、お仕事の種類は幅広くあります。

(1)ネット系の副業
インターネット上でのアンケートモニターやアフィリエイト、ネットオークションなど

(2)投資系の副業
株式や投資信託、賃貸マンション、不動産関係など

(3)資格・特技を活かせる副業
ブログライターや家庭教師、通訳、翻訳、コンサルタント、司法書士など

(4)在宅での仕事が主になる副業
スマホのアプリ制作、データ入力、文章校正、手作業の内職など

簡単に4ジャンル挙げましたが、幅広い選択肢の中から自分に適した仕事を選び、家庭と両立させるのは、実はとても大変なこと。
上手くバランスを取りながら効率良く作業をすすめていくためにも、あらかじめ「欲しい収入の目安」や「副業にどの程度時間を確保できるのか」を、皆さん自身でチェックしておくことをオススメします。

あらかじめ自分ができるジャンルを押さえておくと、在宅ワークを程良くスムーズにすすめることができるでしょう。

副業と本業を上手に両立する方法

NEN9Rd3A
副業を行いながら本業に集中するのは、思っている以上に大変なこと。
特にアルバイトやパートのように、労働力が求められる内容であれば、体力だけでなく精神面でもダウンしてしまうでしょう。あらかじめ自分の中で、しっかり「線引き」しておくことがポイントです!

副業と本業を両立させる秘訣は、ライフスタイルに合わせること

実は、副業をスタートさせるにあたって最も大切なのが、本業と両立させられるかどうか。
勤めている会社が、就業規則で副業を禁止しているときはなおさら注意が必要です。

<自分のライフスタイルを見直してみる>
長期間、または一生副業を行いたいと考えているのなら、自分のライフスタイルに合わせた内容のほうが長続きします。

  • 本業の出勤時間が朝早いなら、帰宅後や就寝前にできるような内容
  • 本業の出勤が午後で遅めなら、少し早めに起きて作業できるような内容

人によって1日の流れは異なりますが、ライフスタイルを見直すことによって、幅広い種類から副業を絞るのに役立ちます。

収入を得るための柱は、あくまで「本業」であることを忘れない

業務に影響が出ないようにバランスをとりつつ、できるだけ長く副業を継続していけるほうが、収入や気分転換の面でメリットも多いでしょう。
そのためにも、副業と本業の線引きは、明確にしておく必要があります。

<ダブルワークを両立するためのコツ>

  • ・本業中に副業を行わない
  • ・本業に専念できるよう、副業は短時間にとどめておく
  • ・本業中に、副業に関連することは行わない(見ない・探さない・触らない)
  • ・会社には副業やその内容について、できるだけ秘めておく

簡単に4点挙げましたが、基本的なコツなので覚えておきましょう。
まず、最低限のルールなのが、本来のお仕事中に副業を持ち込まないこと。会社で副業を行うことは社会人としてNGです。

ダブルワークのバランスを保てるかどうかは皆さんの意識にもよりますが、線引きしてけじめをつけておくことは、重要なポイントと言えるでしょう。

自分に向いている副業の探し方

wvAXvrng
本業とは違い副業では、自分の趣味や得意なことをメインにしている女性もいます。
どちらかといえば、収入よりも仕事の中身を重視して選ぶ人が多く、目的や生きがい、または楽しさを見出すことのできる内容と言えるでしょう。

皆さんは、自分に向いている副業は何だと思いますか?

新しい可能性を発見することができる「副業」の探し方

本来のお仕事と似ている副業で相乗効果を得たり、あるいは全く違った職種に変更したりと、人によって副業選択はさまざま。
主婦向けの在宅ワークや小物作成などの手作業、またはデータ入力の内容など、副業にできるようなお仕事は多くありますが、自分に向いているかどうかは意外に分からないもの。

まずは、自分が副業に何を求めるのかをはっきりさせることが先決です。始めやすく、できるだけ長期間続けられそうなお仕事を探すためのコツをご紹介します。

<第二のお仕事・副業選びのポイント>

(1)将来独立するためのステップとして選ぶ
副業をステップアップとして考えるのなら、収入よりも仕事の中身をよく考えて決めましょう。金額よりも、まずは自分の経験やスキルを積み重ねることが大切です。

(2)気分転換も兼ねた仕事内容を選ぶ
本業とは正反対のお仕事を選択し、息抜きや趣味感覚で続けられるものにしましょう。
どちらかと言えば、収入や内容よりも「自分が楽しいかどうか」を基準にするとOKです。

(3)収入をアップさせることを目的に選ぶ
向き・不向きよりも収入アップがメインとなる場合は、「副業にどれだけ時間をかけられるか」が重要なポイント。自分の空いた時間を副業に回せるかどうかが決め手です。

ネット上では、主婦や女性でもできるような在宅副業の求人が多く出ています。求人には高収入を得られるお仕事もありますが、大切なのはダブルワークをしても辛くないかどうか。あらかじめ自分が副業に求めているポイントを押さえておくと、いざというときに役立ちます。第二のお仕事の探し方について、考えてみましょう。

女性が副業を始めるメリットとデメリット

na8cDRha
今や使用することが主流になりつつある、ネットやスマホの利用。
自分の空いた時間を利用して、在宅副業を始める女性や主婦も増えています。副業スタートのキッカケはさまざまですが、実は1番多い理由が「プチ収入が欲しい」ということ!

女性や主婦が副業をはじめるとき、メリットとデメリットのバランスを考える

人は誰でも、毎日の暮らしを豊かにしていきたいと考えるものです。日々、家事や育児に追われる女性や主婦ならなおさらでしょう。
ネット環境が整ってさえいれば気軽にスタートすることのできる副業は、プチ収入が欲しい女性や主婦にとっては大変魅力的です。

けれども、実際にはじめる前に「メリット」と「デメリット」を確認しておくことも大切!
何事も良い面と悪い面を知って、それから判断することをオススメします。

<副業をはじめる、メリット>

  • プチ収入を得ることができる
  • 自分の手の空いた時間を利用できる
  • 将来の独立、起業に向けたリサーチと準備ができる
  • もともとの趣味や得意な内容だと、満足感を得られる
  • 本業以外のコネクションや、知識を蓄えることができる

<副業をはじめることで起こる、デメリット>

  • 息抜きの時間や、睡眠時間が少なくなる
  • 心身疲労やストレスがたまりやすくなる
  • 自分で確定申告や納税をおこなう必要が出てくる
  • 本来の仕事の効率が下がる、または職場にバレてしまう

副業の魅力は収入がアップすることですが、誰でもバイト感覚でスタートできることや楽しみながら行えることでもあります。
しかし、それが原因で自分自身の体調を崩してしまっては元も子もありません。

女性や主婦の皆さんにとって、在宅での副業はもはや欠かせないものになっています。
毎日の生活をより豊かにしていきたいのなら、2つの影響の間で上手くバランスを取れるかどうかが重要なポイントです。
今回紹介したメリットとデメリットをチェックして、副業するためのバランスを考えてみましょう。

副業に向いていない女性の特徴

sq2qTBjk
スタートさせることは簡単でも、長期間の継続には向き・不向きがあるのが副業。
在宅ワークをしている女性の中には、なんとなくはじめてみた人や、プチ収入を目指している人もいるでしょう。手軽にできるのが魅力ですが、実は「明確な目的」がなければ、続かない特徴もあります。

副業に向いていない女性は、「お金・時間・責任」がルーズ

今や必需品となっているパソコンやスマホを利用して、在宅ワークなどの求人情報を得られることは、普段、家事や育児に専念している主婦にとって大きな利点です。

家庭を預かる女性は、基本的に生活や金銭面に対して、冷静かつシビアな面があります。
「生活費の足しに少しでも稼ぎたい!」または「いずれ副業を本業にしたい」などの意識を持っている人が多く、副業をはじめる目的も明確です。

実は、副業をはじめる理由や目的がはっきりしない女性は、長続きしない傾向があります。

副業といっても立派なお仕事なので、お金や時間、責任に対する意識が低い人は、実際にお仕事するとなると少し不安な面もあります。もちろん人による部分もありますが、何事もモチベーションを維持できるかどうかがポイントです。

<チェックしてみよう!副業に向いていない女性>

  • 本業が忙しく、副業の時間を十分にとることが難しい
  • スケジュール管理や計画を立てることが苦手
  • 収支や支出など、お金の管理が苦手
  • 普段から他人任せなことが多く、面倒くさがり

さて、4つの項目にあてはまる部分はあったでしょうか、なかったでしょうか。
仮にもし心当たりがあったとしても、皆さん自身に明確な「目的」があれば、あまり問題はないでしょう。あくまで大切なのは、自分の意識です。

手作業が得意な女性や、スマホ操作に長けている女性など、人はそれぞれ適正があります。
副業の求人も多く出ていますが、選択するときのポイントは、自分に合ったお仕事を選べるかどうかです。
本業のお仕事と同じように取り組める人は、副業も長続きするタイプでしょう。

本業の就業規則の拘束力はある?

R7GwxoaT
副業をしている女性の中には、会社に勤めている人も多いでしょう。
皆さんは、副業や会社の就業規則について、どれくらい知っていますか?
「副業」自体は、憲法や労働関連法で禁止されてはいませんが、実は会社によっては禁止しているところもあります。

会社の就業規則と副業とは ~大切なのは、拘束力ある本業?~

そもそも就業規則は、会社と働いている社員との間の取り決めのことで、基本的に法律で禁じられていない以上、本業以外で副業を行っても問題ないとされています。

たとえ会社自体が副業を禁止している場合でも、憲法で「職業選択の自由」が定められていることから、よほどのケースがない限りストップがかかることはないでしょう。
しかし、実は就業規則の拘束力によっては、裁判で判断が分かれることもあります。

<副業禁止で、解雇処分が妥当と判断されがちなケース>

  • 心身のバランスを整えることができず、本業の効率が落ちて支障をきたしたとき
  • 副業の内容によっては、会社の印象やイメージダウンに繋がってしまったとき
  • 本業と似た、あるいは同業他社で副業をおこなっていたとき

本業の持つ拘束力とは、「副業をしてはNG」という1点のみではありません。
基本的に、会社の就業時間外の行動は自由と考えられていますが、会社に無断ではじめた副業が原因で、本業に影響を及ぼしてしまうこともあるのです。
就業規則で定められた、副業禁止の拘束力が認められるケースもあることを、あらかじめ覚えておきましょう。

<本業と副業のバランスを、上手く整えておくのがポイント>
簡単にスタートできるダブルワークですが、両立させることは容易ではありません。
分かりやすく例を挙げると、女性や主婦の場合、家事や育児をしながら副業するケース。
サラリーマンの男性だと、普段からノートパソコンを持ち歩き、カフェで副業するなど、
それなりの疲労やストレスを抱えます。

ダブルワークのバランスを上手く維持できなければ、両方とも上手くいかない・・なんてことも起きてしまいます。皆さんの生活スタイルを向上させたいと考えるなら、本業と副業のバランスを自分なりに整えておくことが大切です。

公務員でもできる副業って何?

jLBZr5jv
一般的な常識として定着している、公務員の副業禁止。
社会的な信頼度も高い職業だからこそ、万が一にも本業で得た情報が流出しないように、就業規則で堅くガードされているお仕事と言えます。
もしも違反した場合、減給・免職などの処罰対象になることもありますが、実際どのように定められているのか知っていますか?

法律で「副業禁止」の国家・地方公務員も、例外でOKなケースもあります

公務員は国家と地方、2種類の公務員法(第103・104条と第38条)で、副業を禁止されています。
簡単に言えば「ダブルワークはもちろん、お金を稼げる活動はNG」ということです。
副業に専念しすぎて公務に支障が出ては大変ですし、公務員のイメージダウンに繋がるケースもあるでしょう。

しかし、実は公務員でも例外的に、副業OKな内容があるのも事実です。
例を挙げるなら、不動産賃貸業や、農林水産業、もしくは預金や株式投資などになります。
もともと実家が営んでいるものであったり、一定規模以下で行う必要があったりと基準もありますが、「許可」が下りさえすれば、基本的にはOKとされています。

<公務員が許可を得るには>
一括りで「許可」と言っても、国家公務員と地方公務員では取得方法も異なります。

  • 国家公務員 → 内閣総理大臣および、所轄庁の長の許可を得たとき
  • 地方公務員 → 任命権者(地方公共団体の長など)の許可を得たとき

公務員でもできる副業のポイントは、普段の業務に支障が出ていないかどうか。
本業とは別のお仕事となる「副業」は、仕事との両立が難しくなるのではないか、という不安感も禁止されている理由の一部分でしょう。

副業をはじめる目的はそれぞれですが、本業は副業よりも大切なお仕事です。
特に厳しく定められている公務員は、それだけ重要なお仕事を任せられているということ。
まずは目の前の仕事に打ちこみつつ、副業という形ではなく、興味ある内容の資格勉強をはじめてみることからオススメします。

公開日:
最終更新日:2015/10/23